改造車の売り買い

0-14

車を買ってから、マフラーや触媒を交換したり、サスペンション交換したりしていると買取に出すときに少々注意が必要です。
自動車ディーラーでこういった改造車を下取りしてもらうときは、改造にかかった費用などは下取り価格に一切反映されません。もしも改造前のノーマルパーツを持っていれば、ノーマルに戻した方が高くなるかも知れません。

改造車を売るときには、改造車買取専門のお店にお願いするのが一番お得です。改造車の価値を知ってる人からすると、新車や中古車を買ってから同じように改造するよりも、ずっと安く手に入れることが出来る訳ですから、ものすごくお得感があるわけです。

ディーラーの場合は、どちらかというと改造車を敬遠する傾向があるので、やはり改造車を売るときは専門店がいいです。近くそういうお店が無い場合でも大抵のお店は出張査定をしてくれるので、少しでも高く売りたいときには利用してみる価値があります。

そこで車を売却する時には、ネットで調べて見ることが大切なのです。

逆に、車を買ってから改造したいという場合も、そのような改造車を専門に扱うお店から改造済みの中古車を買うと、自分で改造するよりもずっと安く費用を抑えることが出来ます。

ただし、改造車を購入する場合、改造車に乗るような人はどちらかというとあまりおとなしく走らないことが多いので、車の状態を見極めることが大切です。

中古車購入時の注意点 試乗は必須

0-25
これまでに何回か中古車を購入しましたが、個人的にいくつか気になった点をまとめてみます。

まず、内外装はとことんチェック。できれば、日光の下と、屋内の蛍光灯の下の両方で見ると、細かい傷なんかを見逃すことが減ると思います。特に細かい擦り傷は蛍光灯の下で見た方が見つけやすいと思います。

元々中古車なので、傷があるのはある程度しょうが無いとはいえ納車の後になってから「こんな傷あったかなぁ」という傷が見つかると、結構ショックです。内装についても「こんな傷とか汚れってあったっけ?」という後悔をしないためにも時間をかけてチェックすることをお勧めします。いまは税金のこともありますので、自動車税や消費税についても確認しておくことをオススメします。

あとは、ナンバーがついている車だったら試乗は欠かせません。見た目は綺麗でも、実際に走ってみると車の中から「カタカタ」という小さな音が聞こえることがあったりと、運転しないとわからないことが多くあります。

車の運転に楽しさを求めていないという人でも、展示してある車に短時間座ってみるだけなのと、実際に運転するのとでは、シートの感じ一つとっても違いを感じることもあります。お店の人が許してくれるなら、自分がいつも通る道を走ってみると、比較しやすいと思います。

中古車を買うときは、新車を買うとき以上に気を使っても良いと思います。
色々な状態があるのが中古車というものです。